沿革

西淀川福祉会沿革

開設    1983年5月1日

設立主体 社会福祉法人 西淀川福祉会
理事長   安達  克郎
施設    よどっこ保育園(0歳児~5歳児)利用定員120名
園長  藤木克己
住所 大阪市西淀川区千舟3-9-30
電話 06-6474-6698

みどり保育園(0歳児から5歳児)利用定員60名

園長     高橋真澄

大阪市西淀川区姫里3-13-9

06-4808-3939

 

1983年5月:産休明けから預けられ、父母の要求に応えられる保育園をという地域のたくさんの人たちの知恵と力を集めて産休明けから3歳児までの60名定員の保育園が設立。

1992年  学童期のこどもたちに豊かな放課後を実現して「子どもの家事業イルカクラブ」が誕生した。

1995年  よどっこ保育園の10周年記念事業として西淀川総合福祉センター内に産休明け保育が実施できる子育てセンターを開設。

2001年  姫里に0歳児から2歳児まで45名定員のみどり保育園を開設。

2003年    よどっこ保育園分園開設90名定員。

2004年    よどっこ保育園5歳児開設。

2005年   みどり保育園病後児保育事業が大阪市で初めて保育所併設型施設として認可。

2009年    みどり保育園5歳児までの保育実施定員は60名。

同時に病後児保育をよどっこ保育園に移転。

2010年     よどっこ保育園増築増員し120名定員。分園閉鎖する。

2011年     「子どもの家事業イルカクラブ」は父母運営の共同学童に移行。

2012年     よどっこ保育園第2園庭開設。

2014年     みどり保育園園庭拡大。